プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

皆さんこんにちは!!
料理長兼店長をしています。

新潟県新津市にある「割烹 新森」に板前修業に入る。
3年修行ののち
千葉県にある「河太郎」でさらにみがきをかける。
・・・が、
そこで自分がいかになにも出来ないかということに気が付く。。。
「仕事とは」を教えていただいた諸先輩方
今でも感謝しています。

百人衆に入り初めての料理長になる。

そこでまた仕事を知らないことに気づかされ
料理と人生の勉強中です。

そんな自分も3人の子供たちのお父さんです。
子供達から見て立派な父親になるために人生修行中です。

mixiやっています。
良かったら見てくださいね。
マイミクさんになりましょう。
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=5761473

よろしくお願いします。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2008年2月 | メイン | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月27日 (木)

店内写真

先日、プロのカメラマンに店内を撮ってもらいました。

僕のお気に入りのカメラマンさんで
料理の集合写真とか自分では
まだ撮れないものを撮ってもらっています。

なによりアングルが気に入っています。
説明的な店内写真は抑えてあるのですが、
自分では発想できないアングルも撮ってくれました。
写真をもらって、勉強になります。
将来は自分で撮れるようになりたいのですが、
もう少し時間がかかりそうです。


2008年3月24日 (月)

寝なかった。。。

日曜日に映画を見に行ってきました。
「どらえもん」ですが。。。

毎回、子供達と映画を観に行くと必ず寝てしまうのですが
お客様が先日子供と一緒に観たそうで、
「ドラえもんは泣けるよ~」
と言っていたので、今回はしっかりと観てみようかな
と思い、途中睡魔に襲われつつも、最後まで観てきました。

・・・泣いてしまいました~

一人では何もできない。
一人では生きていけない。
共に成長する。

感動してしまいました~

アンパンマンなどもそうですが、最近の子供向けの映画でも大人が楽しめるようになっているのですね。
物事を考えさせられるものが多い気がします。

歳をとるたびに涙腺が本当に弱くなってきている自分がいました。

2008年3月15日 (土)

暖かくなってきましたね~


もう、桜のつぼみも大きくなってきてお花見をいつにしようか?
という時期になってきましたね。

今年は僕の花粉症もおとなしくてありがたいです。
毎日ヨーグルトを飲むようにしていますが、そのおかげかな?

春の歓送迎会の季節でもありますね。

出逢いと別れそれぞれに成長があります。

感謝する上司や部下に「ありがとう」の気持ちを込めて。

僕は人との出会いにいつも感謝ですね。
出逢いって素晴らしいと素直に感じられるようになりました。
どんな人であっても必ず自分が成長します。
もっとたくさんの人たちに会いに行こうと思います。


上の写真は
「ぐるなび限定」の春の歓送迎会プランです。
天然の桜鯛の姿盛と春の野菜が満載です。
プレミアムモルツも飲み放題で4,500円
お得なコースとなっています。

2008年3月 9日 (日)

梅酒を入荷しました。

新しく梅酒を3種類ほど入荷しました。


紀州鶯屋 「梅酒ばばあ」 赤い梅酒
紀州南高梅の完熟果実を南紀の名水「富田の水」で醸造し、赤シソの天然色素を加えたスッキリタイプの梅酒です。爽やかな後味をお楽しみください。 販路限定商品。
このほかにも緑茶ベースや黒糖ベースなどたくさんあります。
順次仕入れていこうと思います。



「越乃景虎 梅酒」  (こしのかげとら うめしゅ)
「越乃景虎 龍」をベースにした糖分控えめの梅酒です。すっきりとした味わいと梅の酸味が調和し香りよくさわやかでやさしい味わいとなっています。蔵元より年に2回しか出荷しない限定品です。
これは失敗しました今年の秋まで入荷が無いそうです。
もっと仕入れておけばよかった。。。


花美蔵 梅酒 (はなみぐら うめしゅ)
南高梅を米焼酎に漬込み、天然の甘み成分をたっぷり含んだ極上の「本みりん」を加えたまろやかな梅酒です。
味醂ということなのですがそんなことを感じさせない美味しさです。

バックヤードの関係上少なくしか仕入れできないのですが、料理みたくその時々でおすすめのものができればいいと思っています。

焼酎も増やしていくつもりです。
ご希望があれば教えてください。探してみます。

2008年3月 8日 (土)

蛍烏賊その後。

この間、アップしたホタルイカの話を僕の先輩が見ていてくれたらしく、メールで答えをいただきました。

以下、いただいたメールの貼り付けです。

お疲れ様です。
昨夜遅くblog拝見しました。
蛍烏賊の件ですが、『誰か教えて下さい。』とまで言われちゃあ黙ってられない性分なので…(笑)

以下持論ですが、ご存知の通りどんな魚でもそうですが漁場から加工地までの距離は近いほうが当然いいですよね。“日戻り鰹”などは高値で流通しますし、船内冷凍などもそうですね。
で、特に蛍烏賊は痛み(弱り)が早く、出始めの頃の幼魚(?)はそれが更に顕著なので加工品して出回るのではないでしょうか?(生のまま市場に出るまでもたないのでは?)
言うまでもありませんが生蛍烏賊は強い寄生虫が多く、生食は危険とも言えます。そんなリスクを考え時期初めはボイル、烏賊が大きく丈夫になるに連れ生となるのではないでしょうか?

あくまでも私的見解で真実は分かりません。 反論をお待ちしております(笑)
因みにに弊店ではボイルを用いて、『酒盗和え』で提供しています。酒盗は鰹のを使用しています。常の通り酒と水に昆布を加え塩抜きし、ウチでは酒粕を加え、なめらかながらコクを補っています。あしらいは若芽とうるいです。 なかなか旨いですよ。


一番、理にかなっている答えだと思いました。
お答え、ありがとうございます。

青山の波蔵というお店の料理長をされている方です。
http://www.positivefood.com/namizou/index.html
お近くの方は是非遊びに行ってみてください。
ランチもやっていますので~
本当に味に関しては絶品です!!

2008年3月 5日 (水)

蛍烏賊


若干時期が早いのですが、先取りをしたくて入荷しました。
富山の蛍烏賊(ほたるいか)です。

築地に出始めるのはなぜかボイルされた蛍烏賊が先なんですよね。
冷凍解凍はちゃんと値段が違うのです。
食べ比べてみると一目瞭然です。

で、漁が始るのになぜ生の蛍烏賊が入らないの?
と市場の人に聞いたことがあるのですが市場の人も判らないそうです。

知っている方がいらしたら教えてください。

2008年3月 4日 (火)

ぬか床

うちのお店では漬物を自家製のぬか床を使っています。
2週間に1度くらいの間隔で、ぬか床の調整をするのですが今回はそのときの写真です。

堅さや味を見ながら昆布や鰹節を入れます。
2~3日でなじんでくるので、仮漬け(きゅうりなどを漬けて水分を調節)をしながらお客様に出せるようになるまで置いておきます。

その場では判らないので上手く漬けることができると本当に嬉しいです。
そんなこんなで今日も仕込みを楽しみながらやっています。

2008年3月 3日 (月)

桜草

常連様の山さんから桜草をいただきました。

これからもっとたくさんの花が咲きそうで楽しみです。
毎日、営業が終わるとベランダに出して太陽が当たるようにしています。
営業中は加湿器の横に置いてしっかりと水分補給。

玄関に飾ってあるので、ぜひ見に来てください。


中野北口 鮮魚居酒屋 百人衆 のサービス一覧

中野北口 鮮魚居酒屋 百人衆